アレルギー性皮膚炎と診断されたが一生薬でコントロールに抵抗のある方へ

病気・症状 診療方針

アレルギー性皮膚炎と診断され…

===
薬をのむと症状が消えて
薬をやめると再発する…
体質だから仕方がない
一生薬でコントロールしましょう

===

と言われ、
三年半以上薬をのんでいたけど
どうしても納得がいかないという飼い主さんが
愛犬を連れてお越しになりました。

僕も、子供の頃から薬をのむと
あちらを立てればこちらが立たずで
日常生活が送れなくなるほどに体調が悪くなるタイプだったので
お気持ちはよくわかります。


でも、世の中は

薬で症状を緩和してその間に治癒力で治す

のがスタンダードで、それで納得出来る結果に繋がるなら一番いいんですけどね。


どうしても僕みたいに
===
薬をのむと気分が悪くなって日常生活が送れなくなる
===
というケースがあって
じゃあ、その場合にどうするか?
を考えて、今に至ります。

「治る」ってなんだろう?

未だに万能・完全な答えは見つかっておりませんが
今まで付き合ってくれた犬や猫達のおかげで

===
個々のケースに合わせて臨機応変にやるしかない
やることはケースごとに変わるから
万能の方法等ない!

===

ということを学ばせていただきました。


自分が昨年入院して、退院した後の治療で
どうしても【ガイドライン通りの治療】だと
立てなくなったりしたので
今まで動物で学ばせてもらったやり方を
自分に当てはめて、今があります。

もちろん、自分に合わないからといって
【ガイドライン通りの治療】を完全否定したりはしませんし
望む結果が得られるならばなんでもOKだと思っています。

終わりのない探索の日々

これからも、終わりのない探索の日々を過ごす事になるのだと思いますが
担当医師に生存可能性三割と思われていたところから
ここまで復活させて頂いたので
余生は無理せず、
私のように「薬が合わない」という犬猫の
お役に立てる様に活動していきたいと思います。
明確に決め直して見てください!

関連記事